お父さんが好きな日本の歌を歌いたい 第6回国際紅白歌合戦4

  • 2016年October27日(Thu) 16:45 JST
国際人

お父さんが好きな日本の歌を歌いたい

 

2016年10月10日の第6回国際紅白歌合戦に初めて出場し、観光庁長官賞を受賞したのは、芥川マージョリーさん(16歳 高校生)。

以前に通っていた日系人学校の知り合いから、この歌合戦の話を聞いて申し込んだ。

歌は子供の頃から大好きで、日系人の人たちの歌のイベントなどには参加したことがあったが、今回のような大ホールで歌うことは初めての体験だった。

歌ったのは、歌が大好きなお父さんがいつも歌っている『涙そうそう』。

いつも自分を支えてくれる両親に感謝をこめて歌う歌は、会場全体をやさしい気持ちにした。

祖父母は、日本生まれで、ブラジルに渡った。そして、日本人の父とブラジル人の母から生まれたのが、マージョリーさん。

彼女の住む、群馬県大泉町は、リトル・ブラジルと呼ばれるほど、日系人が多く暮らしている。

https://www.facebook.com/RedWhiteSinging/

ポルトガル語でのテレビ番組の取材も受けた彼女が、次に挑戦するのは、2017年10月30日(日)に地元、大泉町文化村で行われる日系人の歌謡イベント。

言葉の問題もあり、ブラジルの大学に進学を考えているが、将来は、日本、あるいはブラジルで歌手の活動をしたいという夢を持っているマージョリーさん。

10月30日のイベントでの活躍も楽しみだ!!

Read this story in onother languages!
  • お父さんが好きな日本の歌を歌いたい 第6回国際紅白歌合戦4
  • 0 コメント
  • アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓