レイクランド大学 学生紹介 NO.8

  • 2011年January27日(Thu) 00:05 JST
国際人

 

レイクランド大学 学生紹介 NO.8

人の役に立つ人間になりたい。
 
KOJI FUJISHIRO (藤代浩司)さん



日本人の父とタイと台湾のハーフの母を持つKOJIさんは、タイの日本人学校、インターナショナルスクールを卒業。父と意見が合わず家出。知り合いの紹介でタレントや日本人相手の観光ガイドの職を得るも、将来への不安を感じ、日本に仕事を求めて来日。しかし、派遣社員として働く彼は職場で“外国人”と呼ばれまた、劣悪な職場環境の中、自分を見失いかけていた。しかし、日本にいる祖母のすすめで進学を決意。レイクランド大学・ジャパンキャンパス(LCJ)に入学してからは、持ち前の明るさと元気を取り戻し、今では学生代表として他の学生からの信望も熱い。政治学を学ぶ彼の夢は、NPO・NGOなどのすぐれた仕組みを生かして、また日本社会のいいところを学びながら本国タイの国に役立つ仕事をすることだ。そういう思いがまとまったのもLCJでの“NPO序論”の講義がきっかけだった。日本で辛い思いをしたことを恨むのではなく、劣悪な環境で仕事をせざるを得ない人たちを作り出している社会を何とかしたいと真剣に考える彼の姿はまぶしいものがあった。LCJでは、彼のような国際的なバックグランドを持つ学生も多い。何かを求めている人たちが集まってくる“本当の学び”の環境がここLCJにはあるようだ。

レイクランド大学・ジャパンキャンパスの学生は本当によく勉強をする。KOJIさんも
授業とアルバイト以外は、もっぱらキャンパス内の図書館で課題やレポートの作成に取り組んでいる。どの学生もお互いに励まし合いながら、国際的なバックグランドを持つ学生たちが、そのことを誇りに持って勉学に励むことが出来る環境が、この小さなキャンパスには溢れている。

 

レイクランド大学・ジャパンキャンパスの魅力


夢いっぱいの入学式

レイクランド大学ジャパン・キャンパスリポート NO.1

レイクランド大学ジャパン・キャンパスリポート NO 2

レイクランド大学ジャパン・キャンパスリポート NO 3

真剣に学び励ましえる本当の友達を作ろう

レイクランド大学ジャパン・キャンパスリポート NO.4

レイクランド大学ジャパン・キャンパスリポート NO.5

レイクランド大学 学生紹介 NO.7

 

Read this story in onother languages!

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓