ハヤリバンヤルで活躍するモンゴル留学生会

記事を友だちにメール印刷用ページ
  • 2017年5月 6日(土) 22:03 JST
イベント

ハヤリバンヤルで活躍するモンゴル留学生会

2017年5月4日、東京都練馬区光が丘で、モンゴル最大の祭り、17年目のハヤリバンヤルが行われた。このイベントを中心になって実行しているのは、在日のモンゴル留学生会だ。ハヤリバンヤルとは、モンゴル語で春祭りという意味だ。

留学生が中心になって運営しているが、ライオンズクラブや地元練馬区の交流団体やNPO、商店会、ボランテイアの日本人学生などが、サポートし、モンゴル人と日本人が協力しながら運営をしている理想的なイベントだ。

モンゴル相撲やファッションショー、民族楽器の演奏、モンゴル語教室、料理など、一日でモンゴルを体感できる恒例のイベントだが、なぜかいつも懐かしさを感じる。


モンゴル語って、実は縦書きだってご存知でしたか?また、日本語に文法もとても似てるそうです。だから、モンゴルの人たちって日本語が上手な人が多いんですね。

留学生会の副会長、AMARZULさんは、日本でしっかりと技術を身につけ、母国に帰って貢献したいという。学業、アルバイト、留学生会の活動を通してのライオンズクラブとの交流など、とても充実した毎日を送っていると話してくれた。


ハヤリバンヤルにいけなかった人たちに、AMARZULさんのお勧めのイベントが、年末にあります。
新年を大家族で迎えるモンゴルの伝統を受け継ぎ、毎年、200名近くの留学生が全国から集まり、新年会パーティーやモンゴル出身の力士も参加し、スポーツ大会も行われます。日本人の学生さんや若者も大歓迎。ぜひ、モンゴルの留学生と一緒に楽しみましょう!!


モンゴル留学生会 HP http://yamoh.org/

留学生インターンシップにも理解を示してくれたAMARZULさん

 

以下、2016年のテレビで中継された様子です。

Read this story in onother languages!
最初 | 前へ | 1 234567| 次へ | 最後

BANNER

Google検索窓


バナー