パレスチナ、イスラエル平和使節団 「ジャパン・ミッション」

  • 2012年May31日(Thu) 20:19 JST
イベント

パレスチナ、イスラエル平和使節団
「ジャパン・ミッション」の旅に参加して

J-TOP事務局長・弁護士 秋山 佳胤氏 寄稿


4月30日~5月9日、パレスチナ、イスラエル平和使節団の旅に行って参りました。昨年12月に東京にて、パレスチナ大使とイスラエル大使の歴史的な対談が実現しましたがその際、ロータスコーヒーをサーブしたのがきっかけで参加させて頂くことになりました。パレスチナとイスラエルの間には、ご承知のとおり、歴史的宗教的な火種があるため、従来、両国に入国するのは困難な状況でしたが、対談の際に両国大使が円滑な入国と滞在を確約し、実現したものです。
旅の前半はパレスチナ自治区を訪問。1万年の歴史を誇る世界最古の都市ジェリコでは知事が出迎えてくださいました。ソプラノ歌手新藤昌子さんがパレスチナの国歌を現地のアラビア語で歌うと、知事はとても嬉しそうに笑顔で体を動かしながら一緒に歌ってくれました





ジェリコでは、平和と繁栄の回廊プロジェクトが立ち上がっており、同行した(株)未来環境エナジー林芳信社長から塩害除去により砂漠を緑化する技術、収穫率を飛躍的に向上させる農業技術、大幅な燃料削減が可能なエネルギー技術など日本が世界に誇る未来的技術が提案されると、現地の技術専門家からとても熱い支持を受けるとともに、今後の協力について具体的に話し合いがなされました。また、ジェリコ市長も大歓迎して下さり、ランチをご馳走になりました。



イスラエル側では、初代大統領の名前が付けられているワイツマン科学研究所を訪問し、2009年ノーベル化学賞受賞者のアダ・ヨナット博士にお会いすることができました。博士も新藤昌子さんのヘブライ語によるイスラエル国歌熱唱に大感激をされていました。イスラエルの商工会議所の方々へのプレゼンテーションでも、林氏の革新的技術には驚嘆と歓迎の声の連続でした。
旅の仲間は山元学校の山元雅信学長を団長として、前述の天才科学者林芳信氏、元JICAアフリカ部長の押山和範氏、ソプラノ歌手新藤昌子氏、政治学者、税理士、福祉関係事業者、技術者、生け花草月流師範、映像プロデューサー、占星術研究家など多種多彩なメンバーで、愛の奉仕と社会貢献を積み重ねられている皆様との旅は、本当に楽しく思い出に残るものになりました。



死海での遊泳など観光のハイライトもあり、ベツレヘム、エルサレムなどの聖地巡礼を経て、最後は、イエス・キリストがヨハネから洗礼を受けたとされるヨルダン川で身を清め、17名のジャパン・ミッションメンバーは、無事、帰国致しました。
旅をアレンジしてくださったシアム駐日パレスチナ大使、ベンシトリット駐日イスラエル大使、エリ・コーヘン前駐日イスラエル大使及び全ての詳細なアレンジから愛とユーモア溢れる気配りを下さった山元雅信団長をはじめとする旅の皆様、そして支えてくださった全ての皆様に心から感謝をし、御礼申し上げます。皆様とともに真の世界平和の実現を祈りながら、結びの言葉とさせて頂きます。
 

このツアー実現の元となったパレスチナ・イスラエル大使の対談

 https://www.yokosojapan.net/article.php/peace1213_event_ja

Read this story in onother languages!
  • パレスチナ、イスラエル平和使節団 「ジャパン・ミッション」
  • 0 コメント
  • アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓