認知症は3ヶ月で例外なく改善します!!

  • 2016年December31日(Sat) 21:58 JST
編集者より

諦めるのはまだ早い!!

認知症は3ヶ月で例外なく改善します!!

上海で市をあげて、取り組まれる「認知症改善プログラム」

小川理事長は、日本及び台湾でのこれまでの活動と、2003年からの上海での心身機能活性運動療法による認知症高齢者、発達障害児への改善実績と長年に亘る実践活動が高く評価され、2011年1月12日、上海市政府からの推薦により、「アジアGuinnessベスト貢献賞」を受賞しました。

「アジアGuinnessベスト貢献賞」は、中国の吉尼斯洲之最文化集(ギネスアジアベスト文化産業グループ:茅イシン会長)が主催するもので、アジアにおいて文化(含・医学)、産業に最も功績のあった方々に贈られるもので、小川理事長には、今回、「ギネスアジア傑出貢献賞」が贈られました。

【授賞式における小川理事長挨拶】

  ご来賓の皆さま、こんにちは。

  私は、心身機能活性運動療法を考案しました小川眞誠でございます。先ほどの活動成果発表会を聞きました。本当に感動いたしました。中国での十数年の活動がこのように発展して来ましたことに心より感謝申し上げます。

  私は、60歳から中国で心身機能活性運動療法の普及活動を始め、今年で70歳になりました。

  この間、上海社会科学院、上海市民政局、上海市社会福利行業協会、上海市徐・区民政局、上海徐・養老施設サービス指導センターにより、施設から社区へ心身機能活性運動療法を広めていただきました ことを心より感謝申し上げます。

  高齢社会において、健康への追求は、国境を越え、人種を越えて求められております。心身機能活性運動療法は、このような社会的な背景の中で、益々その重要性は高まっております。

  心身機能活性運動療法は、上海今山誠公司・徐雁女史の10数年に亘る献身的で誠実な努力により、正しい理念と方法を伝えてきました。そして多くの福祉施設、医療施設並びに社区で導入されてきましたことに感謝いたします。

  このたびは、上海市徐・区民政局・周課長、上海徐・養老施設サービス指導センター錙美鈴さんによる藍康行動の1年間の活動の成果をもたらして頂きましたことに深く感謝申し上げます。

  この機に心身機能活性運動療法が認知症の予防と改善、障害者の自立支援に益々役立つことを心から念願いたします。(NPO法人 日本心身機能活性療法指導士会公式HPより)

http://www.gagoltherapy.com/mind-body/guinness.html
上海市が、市をあげて応援する身体機能運動療法。介護保険のない中国では、自分自身で、認知症から、自分を守る必要があります。効果的な治療法として、身体機能運動療法の2000名以上の指導員が活躍しています。

すべての認知症患者が3ヶ月のプログラムで大幅に改善しています。

改善事例1 アルツハイマー型認知症(要介護5)75歳・女性

https://www.youtube.com/watch?v=5XWobIoVEqY

改善事例2 知的障害・脳性麻痺(50歳・女性)

https://goo.gl/ThngG0

改善事例3 脳性麻痺(5歳・女性)

https://goo.gl/NDx9IT

小川理事長のインタビュー記事及び認知症の特集記事を作成中です。改めて、

最新の情報を含めご紹介させていただいます。

Read this story in onother languages!

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓