HIS 澤田秀雄氏 インタビュー

  • 2014年May20日(Tue) 00:33 JST
特集
LongInterview vol.8
外国人に対する採用に積極的なH.I.Sグループの会長、澤田秀雄氏にインタビュー『2000名の社員を統括しているリーダーは外国人です。』
第8回
訪問先:HIS澤田氏
訪問者:姜カイエンさん
多くの若者に海外旅行の道を切り開いた元祖ベンチャー企業、しかし、現在は旅行、金融、航空、ホテルの分野に及ぶグループ企業体に成長したH.I.Sの創業者、澤田秀雄氏に中国人留学生の姜さんがお話をお聞きしました。
 
座右の銘自然の摂理を大事にするべし。
人間は宇宙で生まれたので自然とのバランスを大切にしていくというのが私達のポリシーです。
姜さん:H.I.Sは海外旅行の会社として日本では一番知られた会社ですが、他の旅行会社に比べてH.I.Sの優れているところと魅力は何ですか?

澤田氏:他の旅行会社に比べて個人旅行が得意です。個人旅行は通常は割高なのですが、HISの個人旅行は料金が安いので人気があります。また、会社の経営も20代、30代が中心なので今後もさらに成長が期待できる会社だと思います。

姜さん:ホームページで見たのですが、30年前は東京―ロンドン間70万円くらいしたと思いますが、今はシーズンによって8万円くらいで行けますね。格安チケット販売の先駆者として色々な苦労があったと思いますが、そのあたりをお聞かせ下さい。

澤田氏:20数年前旅費が高くまで若い人はなかなか海外に行けませんでしたが、H.I.Sでは若者でも手が届く範囲の金額で販売を開始しました。しかしそのことに対して大手旅行会社や航空会社からプレッシャーがかかったこともあり色々と苦労がありました。しかし当初一番大変だったことは無名の旅行会社だったこともありいくら半額の値段であったとしてもお客様になかなか信用していただけなかったことです。小さな事務所で数人のスタッフで営業していましたし、チケットも空港で渡していました。数ヶ月はお客さんが来店してもなかなかチケットを購入する人はいませんでした。しかし旅行好きの人たちの間で、わたしたちの格安チケットの噂が広まり徐々に若者から浸透していきました。
 
姜さん:今のH.I.Sが一番求めている人材はどんな人ですか?外国人採用についてはどう思いますか?

澤田氏:まずは人間性ですね。明るく元気でやる気のある人が一番ですね。外国人の採用については当初から始めています。実は2000人のスタッフを統括する現在の関東営業本部長もバングラディッシュ人です。海外の支店でも中国人やスリランカ人、アメリカ人やオーストラリア人が責任者として働いています。彼らのほとんどは日本の支社で実際働いた経験があります。HISでは人種や学歴にとらわれずがんばれば誰でもどんどん昇進できるシステムになっています。日本の大手の会社では非常に珍しいと思います。

姜さん:これからチャレンジしてみたいことと目標を実現するために取り組んでいることは何ですか?

澤田氏:HISは日本ではある程度有名になりましたがこれからは世界でHISブランドを浸透させていきたいですね。現状海外70店舗ですが、100,200店舗と伸ばして行きたいです。
 

フロフィール 澤田秀雄氏

 
澤田秀雄氏:1951年2月、大阪府生まれ。大阪市立生野工高卒業後、73-76年に旧西独・マインツ大に留学。アルバイトで費用を 稼ぎ留学中に休みを利用して欧州、中東、アフリカ、南米、アジアなど50か国以上を旅行する。日本に帰ってきて旅に出ようとする際、どこの旅行会社も一律 に同じ海外から見れば異常に高い料金をとる内外格差に疑問を感じる。80年に旅行会社「インターナショナルツアーズ」を設立、「インド自由旅行」など格安 航空券を柱に個人向けパック旅行など多様な商品をそろえる。90年に社名を「エイチ・アイ・エス」に変更。95年3月には株式店頭公開を果たす。96年 11月、豪ゴールドコーストにホテルをオープン。98年9月には国内第4番目の航空会社「スカイマークエアラインズ」を他社の半額運賃にて就航させ、社会的な話題となる。99年1月には協立証券の株式を取得して、「エイチ・アイ・エス協立証券㈱(現エイチ・エス証券」の代表取締役社長に就任し、金融業界への本格参入も狙う。

外国人の就職について

外国人であっても、日本人と問題なくコミュニケーションが出来、元気でやる気があり、努力することを惜しまない人は良い仕事に就けると思います。

 
姜さん今まではお仕事を中心にお話をお聞きしましたが、これからは会長のプライベートな話もお聞きしたいのですが…
K:H.I.Sグループのトップとしてプレッシヤーの多い忙しい毎日だと思いますが、長の独自のリラックス方法やストレス解消法を教えてください。

澤田氏:数ヶ月に一度は仕事もかねて海外に出かけます。私は根っから旅行好きなのでやはり海外に行って色々な体験をするのが一番のリフレッシュでありリラックス法です。また健康の為にゴルフもしています。


姜さん:ドイツに留学されたきっかけは何ですか?留学を通じて感じたことや得たことは何ですか?

澤田氏:当時はアメリカやイギリスに留学する人が多かったのですが、僕はかわっているから、ドイツを選びました。ドイツはヨーロッパの中心に位置していて旅行好きの僕には便利でしたから。留学して感じたことは、世界には、いろいろな考え方の人たちがいて、様々なものの見方がありそれを発見する旅は楽しかったですね。

姜さん:12月に入って就職活動が本格的になっていく中で、今就職活動をしている皆さんへのアドバイスがあればお聞かせ下さい。

澤田氏:自分自身の目標をしっかり持って就職活動をしてほしいですね。あと、一旦仕事に就いたら出来るだけ継続してがんばってほしいですね。最初から自分のやりたい仕事だけが出来るわけではありません。社会人としての基礎を作って継続して努力していくことが大切ですね。


姜さん:今、私も日本で就職活動をしているのですが、留学生の私は毎日戸惑ってなかなかうまくいきません。留学生の日本での就職はまだ難しいですが、どんな留学生だったら採用したいですか?

澤田氏:まだまだ外国人ということで、大手企業では厳しい状況があると思います。しかし、まずはチャレンジすることですね。外国人であっても、日本人と問題なくコミュニケーションが出来、元気でやる気があり、努力することを惜しまない人は良い仕事に就けると思います。
あきらめずに努力していけば、状況は良くなってきていますので希望を持ってがんばって下さい。


姜さん--本日は貴重なお話をいただきどうもありがとうございました。
 

留学生インタビュー体験記

姜カイエンさん:先日HISの会長澤田さんにインタビューしてきました。数多くの壁を乗り越えて会社を発展させそして今も挑戦し続けている澤田さんですが、明るくてさわやかな笑顔がとても印象的でした。インタビュー中に何度も澤田さんの言葉に心を引き寄せられました,特にドイツ留学の話も、そして就職のアドバイスもいろいろ話してくれて、今日本にいる自分にとても勇気づけられましたし、励まされました。初めてのインタビューで緊張していたけれども、大変貴重な経験になったと思います














 
Read this story in onother languages!
  • English

BANNER

Google検索窓