2019/04/23 19:12

4年目を迎えるJPM留学生インターンシップ

イベント

 4年目を迎えるJPM留学生インターンシップ

 

留学生と企業担当者が歩み寄ることが成功への第一歩
 
 
今年で4年目を迎える日本賃貸住宅管理協会(JPM)の留学生インターンシップの全体研修が、76(土)に行われた。このインターンシップの研修の特徴は、担当企業の担当者も研修に参加し、留学生とペアになって、お互いの精神的なバリアをなくすことにある。
4年間の経験で留学生を受け入れる企業担当者も、インターンをする留学生以上に、不安を抱えていることがわかった。それを解決する一番の手段は、本音でお互いが会話を交わすことだ。そのために、お互いに会話が弾む質問をこちらから前もって設定し、留学生と企業担当者がペアでお互いに質問をぶつけ合う。非常にシンプルな方法だが、不安を解消するためにお互いが、相手を理解しようと努力する。その環境を意図的に作るのがこの研修の意義である。今年もお互いがいい経験をつめることを願う。