第四回国際紅白歌合戦in OSAKA 出演者インタビュー 

  • 2014年December 3日(Wed) 04:18 JST
編集者より  

2014年11月22日 第四回国際紅白歌合戦in OSAKA

出演者インタビュー 

留学生インターン生の私、沈侃寧が、2人の日本人学生と協力しながら、出演者へのインタビューを行いました。

 

日本人の男性(市村さん 写真中央)がタイのアイドルの歌を、バックダンサーと歌いました。在日タイ人のコミュニティーでは人気があり、隠れたファンもいるそうです。 

動画はこちらです。

日本に来て1年6ヶ月なのに驚くほど日本語が上手な、MARIAさん(スエーデン)は、京都に住んで、大阪の音楽専門学校に通っています。尾崎豊の歌を歌いましたが、将来は歌手として日本で活躍したいそうです。インタビューは日本で行いました。

オーストラリアから来たRACHELさんは、駄洒落が好きなシンガーソングライターです。インタビューの後もカメラにこのポーズです。30万アクセスも集めるYOUTUBERでもあります。高校から日本に交換留学生として来たみたいです。(写真の右の黒いシャツが私です)

大阪大学のInternational Bandを率いるのは、中国系マレーシア人のLIMさん。中国の笛などの東洋楽器とギターなどの西洋楽器を融合した新しい音楽を目指しているそうだ。

情熱大陸は彼らのテーマソングだ。

中本さんは、日本の高校2年生。英語の歌を堂々と歌いました。インタビューもとても落ち着いていた。世界に通用する歌手を目指しています。がんばってね!!

奈良県の天理大学で中国語を学ぶ日本人学生と中国の留学生チームが、EXILEの『願い』を中国語と日本語で歌いました。中国語でインタビューしましたが、日本人学生の中国語の発音は素晴らしかったです。

Read this story in onother languages!
  • Chinese

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓