2019/07/20 02:25

誰もが助けあって生きていける社会を目指して!

みんなの生活

 

 

**誰もが助けあって生きていける社会を目指して!!**


会津昭和30年村


この計画の目標は、「中長期滞在型の江戸時代の宿場町」を作り上げることです。ここに並ぶお店の数々は、お客様を中長期にわたって飽きることなく楽しませることを目的としたものばかり。 日本の伝統技を学べる寺子屋、安く滞在できる湯治場、芝居小屋、寄席、農業体験宿など。
この水織音で働く人たちは、地元の人のみならず、東京で追い詰められる母子家庭、父子家庭、職を失った人など、やる気はあっても自分たちだけではどうにもならない人たちがお互いに助け合って生きていける場を作る。ここに来れば、住まいも食事も無料。その日から仕事もある。それもお客様の為に尽くすことが 目的の仕事、毎日がお祭りのような仕事、お互いが助け合って幸せに暮らしていることを日本、世界にアピールすることが仕事です。昔はごく当たり前にあった 日本の古き良き里山文化を再生し、その場を観光資源として日本、世界へ売り出す、初の試みです。(昭和30年村プロジェクトHP http://aizu30.com/ より)


 


村づくりがどんどん本格化してきています。この村の住民になって、農業再生、森林再生に参加しながら、みんなで支えあって生きていける村を作っていきませんか?


お問合わせ:

NPO法人ツカサ森林再生学校 「天風閣」事務局
〒965-0204 福島県会津若松市湊町大字原字新橋144番地 
電話0242-93-2272 Eメール info@aizu30.com