2019/04/26 09:50

Q3:水は燃える

編集者より
A:水は燃えます。ご覧ください。


A3.JPG

水は、その特殊な分子の形状から、分子間に水以外の分子を存在させることができます。

エマルジョンで使用するエネルギー転換機能水は、創生水の持つ能力をさらに高め過飽和状態ともいえる溶存酸素と特殊なイオン(H3O2-)の存在により 多量の原子状水素(活性水素)を含み、通常のミクロ爆発以上に燃焼を助けます。

こうして誕生したのがFUKAIグリーンエマルジョンです。初期のFUKAIグリーンエマルジョンは、界面活性剤は使用しないものの、エマルジョンの安定化のために約0.5%の混合植物油を使用していました。

現存するエマルジョン器機のように巨大な施設が必要ではないにしろ、撹拌槽でエマルジョン燃料を作 り、それを送り出すという部分では、同じ形態だったといえるでしょう。数々の実験で、驚くような好結果を示しながらも、企業の協力を得て行った使用中の大型炉での燃焼で は、実験とは異なる結果が出て落胆したこともあります。

しかし、この原因の追及から設置状況に影響され難い、理想的な燃焼と画期的な設備の小型化を実現した「ケミカルフリーエネルギー」に辿り着いたのです。 
詳細のデータは、こちらをご覧ください