2019/07/20 02:22

日本のこころの教育

編集者より
熱弁二時間。全校高校生七百人が声ひとつ立てず聞き入った。

%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2.jpg

第1部 「日本人のこころ」―私立花巻東高校講演録(「さようなら」の意味は?/「日本人って何?」に答えられない/みんなで仲よく太陽のいのちを生きよう/日本人になったラフカディオ・ハーン/大地・自然がなければ生きていけない ほか)/第2部 「日本のこころ」―高校生たちはこう受け止めた

境野勝悟 著  致知出版社

境野勝悟(サカイノカツノリ)
東洋思想家。昭和7年、横浜生まれ。早稲田大学教育学部卒業後、私立栄光学園で18年間教鞭を執る。在職中、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、スイス、ノルウェー、デンマークなど西欧諸国の教育事情を視察研究する。昭和48年、神奈川県大磯にこころの塾・道塾を創設するため退職。駒沢大学大学院禅学特殊研究博士課程修了。洒脱な人柄と古典の該博な知識を背景とした講演は、経営者・ビジネスマンから主婦層まで幅広いファンを持つ