2019/02/24 05:35

通訳ボランティアガイドの活動の流れとポイント

編集者より
 
 
通訳ボランティアガイドの活動の流れとポイント
 
 
『通訳ボランティアガイドの活動の流れとポイント』をお送りしておきます

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%EF%BC%92%E3%83%99%E3%83%86%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%98%8E%E6%B2%BB%E7%A5%9E%E5%AE%AE%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E3%81%AE%E8%AA%AC%E6%98%8E.JPG


通訳ボランティアガイドの活動の流れ

①案内してもらう寺院・観光地に関して自分で調べてみる
②ベテランボランティアガイドの英語での説明を受ける。(第4日曜日の予定)
③疑問点などをガイドさんに質問する
④実際に学内の留学生を誘って、案内を受けた観光地を案内してみる
他のメンバーとその内容について情報交換をする


②は私たちがアレンジしますが、その他はリーダーを中心とした自主勉強会の形を取っています。

イメージしてください。

海外旅行中に世話になった友人が東京に来ることになり、観光地を案内して
ほしいといわれた。彼らが来るまであと1ヶ月、どのように準備しますか?

答えは以下の手順を踏めば簡単です。

旅行者の視点で1つの観光地について調べる
>>実際に案内をガイドさんから受けてみる
>>疑問に思ったことを調べる
>>近くにいる人を捕まえて案内を実際にしてみる
>>答えられなかったことを管理者に聞いてみる
>>この手順を繰り返す。

>>まだまだ英会話に自信のない方もご安心ください。
最初は、簡単な外国人旅行者へのアンケート活動をしながら、少しずつなれていきましょう。


上手に案内が出来るようになるには何度も経験するしか方法はありませんが、
その観光地に出向き、実地で2,3日終日ガイドを体験すれば、誰でも出来ます。

しかし、最初はうまく説明などが出来ないので相手にすまないという気になります。
言葉以外で相手に喜んでもらおうと努力をします。たとえばまめに写真を撮ってあげるとか、
年配の人であれば荷物を持ってあげる。折り紙を折ってあげる。日本の歌を歌ってあげる。あるいは相手が話したい家族の話や食べたい日本食などの話題を振ってみるとか。方法はいくらでもとあると思います。大事なことは精一杯楽しんでもらいたいという気持ちを伝えることです。(←実はこの気持ちを体験してほしいがためにこの活動をはじめたくらいとても大切なことです。)

ちなみに、京都の学生ガイドたちは案内を勉強した観光地に直接行って
そこで外国人に声をかけて案内をしています。

私もほとんど英会話が出来ないにも関わらず、高校2年の時に
大阪城を英語で何度も案内をしたことがあります。休みのたびごとに
続けましたが、1年後にはほぼ、大阪城に関しては相手の人がプロのガイドみたいだねといわれるようになりました。以下のとおり進めていけば誰でも本当に出来るようになります。

楽しく、簡単に通訳ボランティアガイドをするための7つのポイント


1:年配のご夫婦に話しかける。
年配の旅行者には日本人はあまり声をかけないので彼らは喜んで、あなたの気持ちを受け取ってくれます。また自分の国の文化に対する知識も深いので、その国についてもおもしろい話が聞けます。

同年代なら声をかけやすいが、ある程度の会話能力(英語力だけではありません)がなければ、相手はすぐに飽きてしまいます。(旅行者は日本人の話す英語に慣れていませんので、日本人の英語は聞き取りにくい人が多いです)

2:正直に自分は英語は勉強中でつたないが、日本に来ている外国人の人に何かしてあげたいと思ってガイドを申し出ていることを伝えます。

3:どこで何の話をするのかシュミレーションをする。
これには現地に少なくても2,3日一日中歩き回ることが必要です。

4:少しでも疑問に思ったことは、その場所の管理者に聞いてみます。
必ず、ちゃんと教えてくれます。もしその人が答えられなければ、より詳しい人を
紹介してくれます。また、本やWEBサイトで調べられることもたまにはいいでしょう。

5:説明を出来るだけ、簡単な英語に置き換える。
最初はキーワード単位で覚えて、最終的にはその内容を全文をそのまま覚える。

6:シュミレーションが出来れば、きっちりと説明できるポイントに立って外国人が
来るのを待つ。そこで2の方法で声を掛け説明をしてみる。何度もそれを繰り返す。
別の説明ポイントで同じことをする。わからない質問があれば、3のように管理者に聞く

この繰り返しで、2、3日で一通りの説明が出来るようになります。

最後に、

7:日本文化の基本知識を身につける
(これは、少しずつクイズのようにして覚えるといいと思います。
これは実際のガイドを経験しながら読んでください。
そのほうが覚えますし、簡単な言葉に置き換えながら
相手に伝えるようなシュミレーションもイメージがしやすいと思います。
(本は以下のものが分量的にもいいと思います)

http://www.amazon.co.jp/dp/4533013813?tag=httpblogya03d-22&camp=1027&creative=7407&linkCode=as4&creativeASIN=4533013813&adid=0BNR3ZNKEGEWJVKY5RC2&
これで、ステップ1は終わりです。

ステップ2は、相手にいかに楽しく話をさせるか?です。
ステップ1をみなさんが試した後にお伝えします。

始めて参加する人たちもいますので気軽に来てください。新しい仲間が出来ると思います。
参加される場合は、20名限定ですので、前もってメールに①名前②学校名③電話番号を記入の上メールで予約をしてください。
 
GC通訳ガイドボランテイア 事務局 宮崎 
 
 

 

 
 
 

 3年目を迎える学生通訳ボランテイアの活動
https://www.yokosojapan.net/article.php/guide201104_life_ja