2019/02/24 06:00

日本で起業している外国人の人たち

国際人

 

日本で起業している外国人の人たち


起業家にやさしい社会システムが必要


インドの貿易商(シャム・ピアラオークさん)


インドコーヒーを日本に広めようと活動。日本に住む外国人のほとんどは日本の生活や文化が好きだが、半面、日本社会が閉鎖的と感じている人も多い。ましてや外国人が起業するとなるとまだまだ大変だ。まずは、永住権を持っていないと信頼してもらうことが難しく、シャムさんも最初の顧客との信用を築くまでに何年も地道に人間関係を作っていった。しかし、日本社会では、外国人だけではなく日本人でも起業して生活を安定させるのは簡単ではない。起業する人たちをもう少し応援する風土が必要だと思う。カナダ、シンガポール、香港などは、外国人でも自分のビジネスを起こしやすい社会システムがある。日本もどんどん人口が減っていきこのままでは税収も少なくなる一方だと思うので、日本でのビジネスに意欲のある外国人にもっとチャンスを与えればいいと思う。私達も日本で生活をして納税し、日本社会にも役に立っているのだから。




中国に『利他の心の稲盛哲学』を伝える

㈱世代継承活学社の蔡龍日氏


20年以上前に留学生として来日。日本企業での勤務を経て、中国人留学生の就職支援・生活支援のために起業する。また、京セラ創業者の稲盛氏の経営哲学に感銘を受け、勉強会などに参加するうちに、翻訳や通訳の仕事で関わりを深めていった。そして、現在でも稲盛氏の中国語通訳として活躍し、中国の経営者の間でブームになっている稲盛氏の経営哲学を広める活動に尽力している。蔡氏によると、最近の中国国内の反日デモなどの報道は一部の人たちのことであり、大多数の中国人はその活動を静観しているという。そして、多くの中国人が日本に興味を持ち、友好関係を持ちたいと考えているので、ぜひともその人たちと交流をしてほしいということだった。


9年間毎週開催する韓国語勉強会を運営 

    

 9年たっても行列が出来るほどの人気の韓国語勉強会


児島 賢治氏

韓流ブームのずっと以前、9年前から日本人と韓国人の交流会を毎週土曜日に新宿大久保で開催している日韓交流会の火付け役。1対1のフリートークスタイルで、韓国語と日本語を教えあう独自の方式で、日本人と話したい新宿界隈の日本語学校に通う韓国人学生の間で評判になる。会費は場所代の100円のみという究極のコストパフォーマンスで、今では韓国語を勉強している人たちの間で大きな話題に。しかし、児島さんもこのイベントを継続していくにはいつまでもボランテイアで手伝ってくれる人に頼っていてはと事業化のパートナーを募集している。興味のある方は、kenchan126@hotmail.com 児島さんまで

――――――――――――――――――――――――――

新大久保韓国語勉強会


開催場所:大久保地域センター(JR新大久保駅より徒歩10分)
時間:毎週土曜日18:30~
午後の5時45分より整理券の配布。午後6時30分に開場。一旦整理券を受け取られましたら、午後の7時までに入場してください。
(大久保地域センターが全館特別なイベントなどで使えない日がありますので、念のためHP(新大久保韓国語勉強会で検索して下さい)でチェックしてください。)



100円で参加できる中国語勉強会 IN 新大久保


フリートーク 下北沢で初心者用のクラスもあり(完全予約制)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3637194 (MIXI)
http://yuumiya.blog40.fc2.com/blog-category-19.html (HP)