2019/02/24 05:50

1年間仕事をしながら海外の文化を経験

イベント
1年間仕事をしながら外国語や海外の文化を経験できる!!

とにかく海外で暮らしてみたい。新しい自分を発見したい。
冒険旅行をしてみたい。将来の留学の準備がしたい。
自分のスキルを世界でためしてみたい。将来のパートナーを探したい。
すべての夢がかなう可能性のある海外での滞在の仕方、
それがワーキングホリデイー。
教室ではなく、仕事をしながら旅を楽しみながら自分の可能性に
挑戦してみましょう!!。
日本と最初にワーキングホリディの制度が始まった国。現在も日本からの渡航者の半数、約1万人はオーストラリアを目指す。日本だけではなく、全世界から毎年20万人がこの制度を利用してオーストラリアを訪れている。特にイギリスやアイルランドなどからは毎年5万人以上がこの制度を利用している。

年中を通して温暖な気候やのんびりした自由な雰囲気、格安で体験できるマリンスポーツなど観光地としての魅力には事欠かないが、ワーキングホリディでの渡航者にとって
最大の魅力はその開放的な国民性であろう。オーストラリア人はあなたがどこの国のだれであろうと気にしない。いったん、オーストラリアの土地を踏めばみんな同じ仲間だ。
『good day mate』と言うキーワードでインターネット検索をしてみよう。、
オーストラリアの魅力に取り付かれた人たちのブログやホームページに出会えるだろう!!

%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%BC-hp.JPG

*ワーキング・ホリデー制度は、二国間の協定に基づいて、最長1年間 異なった文化の中で休暇を楽しみながら、その間の滞在資金を補うために 付随的に就労することを認める特別 な制度です。 現在協定のある国はオーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマークの9か国

ワーキングホリディのビザのついてのお問い合わせ

ワーキング・ホリデー利用者が30万人を超えた!

書籍名:30万人のワーキング・ホリデー  20代~40代のOB・OGが語る
「ワーホリ体験」と「その後の生き方」

*1980年オーストラリアを皮切りに始まったワーキング・ホリデー制度。現
在、その対象国は9カ国に増え、利用者が30万人を超えました。 ワーキング・
ホリデー体験者集いの会ではワーホリ体験を経て、現在、社会で活躍する人達
の声をあつめ一冊の本にすることにしました。ワーキング・ホリデーの体験がど
のように人生や仕事に活かされているかをインタビュー記事や体験記を交えて
紹介しています。ワーキング・ホリデー体験の魅力や有意義さを本書でお確か
めてください。
(ワーキング・ホリデー体験者集いの会・代表 河野順一)

河野順一・重富哲夫 監修
ワーキング・ホリデー体験者集いの会 著
協力 社団法人日本ワーキング・ホリデー協会
予価:2,000円(税別)
発売 星雲社 発行 ビネバル出版
5月上旬発売予定。
全国書店でお求めください。