2019/07/20 01:30

日韓法学生の夏

イベント
ALSAはアジア9カ国・地域の法学生による非政治の学生団体です。国際的な学術文化交流を行っています。
日韓法学生
【本文】

◆数年前の韓流ブームをきっかけに、我々にとってぐっと身近な存在になった韓国。最近では韓国語講座や韓国留学も人気を集めるようになった。その一方で、争いや侵略などといった悲惨な過去も存在し、現在も歴史認識の違いから、靖国問題や竹島問題などの未解決の問題を抱えている。

では、今後の社会を担う若者達が、日韓関係についてどこまで分かり合うことができるだろうか。文献やインターネットを通し、お互いを学ぶことはできる。しかし、お互いが本当に分かり合うことは、直接対話を通すことなしに達成されえないだろう。
そういった考えのもと、企画されたのがStudy Trip from Korea to Japan 2007である。本企画は8月15日(水)~8月23日(木)にかけて開催される、日韓の法学生による学術・文化交流企画である。約一週間の企画を通して、『いま、歩み寄る~協調性と友好性の促進へ~』のテーマの下、日韓に関わる諸問題について議論し、また、相互理解を促進するための文化交流活動を行う。参加者間での厚い信頼関係の構築を図り、日韓の明るい社会の実現に寄与していくことを目標としている。なかでも、8月19日に行われる学術発表会は一般公開され、参加学生による議論の成果発表の他、大学教授の講演や来場者を交えたディスカッションなども予定されている。当日は日韓の未来を創りあげる若者の考えや意思を肌で感じることができるだろう。

なお、本企画を主催するアジア法学生協会ジャパン(ALSA Japan)は、法学生の総合的成長や文化的多様性の認識を目的とした学生団体である。日常的に行っている学術活動に加え、これまでに数々の国際交流企画を実施し、高い実績を残してきた。

Study Trip from Korea to Japan 2007の詳細は以下のホームページにて。
http://alsa-jp.net/st2007/