2019/07/19 21:59

国際シンポジウム「新時代の難民保護と市民社会」

イベント

国際シンポジウム「新時代の難民保護と市民社会」~アジア太平洋7カ国・地域のNGOの視点から~
が6月13日の行われました

%E9%9B%A3%E6%B0%91%E6%94%AF%E6%8F%B4%E5%8D%94%E4%BC%9A.JPG



アジア太平洋地域には世界の難民の約34%(382万人)がいると言われています。近年、日本をはじめ、同地域での難民受入れや政策には大きな変化が起きており、新たな支援のあり方が模索されています。本シンポジウムでは、豪州、香港、日本、韓国、マレーシア、タイ、米国の難民保護の専門家を招き、それぞれの難民受入れの現状や市民社会の役割を紹介し、「新時代」の難民保護のあるべき姿について考えます。

難民の人たちの置かれている現実

難民支援協会

マレーシア、タイなどの国々でも国境線を超えてくる難民の人たちを大勢、受け入れています
今、日本の立場が問われています