2019/04/26 08:45

平城遷都1300年祭 「花と緑のフェア」

イベント
平城遷都1300年祭 「花と緑のフェア」

1300.JPG


4月24日より、平城遷都1300年祭の『花と緑のフェア』が行われます。
平城遷都1300年にちなんで市民1300人が参加する数々の記念イベントもあります。日本の国家のはじまりとアジアの国々との関わりを体感できる遷都祭ならではの演出を体験してください。

『1300』にちなんだ大迫力のイベントがたくさん!!

武道の演武1300人の空手:武道の演武1300人の太極拳:1300人のボディドラム~はじまりのうた~:1300人の天平行列 などをお楽しみ下さい。

---時の聖武天皇や光明皇后は、皆が幸せに暮らせるようにと心を痛め、国民の力を一つにするべく、国民すべてに呼びかけて、大仏を建立いたしました。その根底には、人に限らず、生きとし生けるものすべてを大切に思う心がありました。 ----(平城遷都1300年祭のコンセプトより)
花と緑のフェア」 開催期間 4月24日(土)~5月9日(日)
平城遷都1300年祭公式ホームページ  http://1300.jp

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E9%81%B7%E9%83%BD1300%E5%B9%B4%E7%A5%AD%E3%80%80%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E4%BC%9A%E5%A0%B4.bmp

平城京の中心、大極殿が1300年ぶりに復活

平城京が出来て1300年の年を記念して、都の中心であった大極殿正殿が復元され、1300年ぶりに姿を現します。広い会場では、古代からの友好的な国際交流にも焦点を当てながら、平城京の歴史・文化や国づくりを体感できるイベントが盛りだくさん。人気のせんとくんにも会えるかも。

%E4%BF%AE%E6%AD%A3%E7%89%88%E3%80%80%E5%A4%A7%E6%A5%B5%E6%AE%BF%E6%AD%A3%E6%AE%BF.bmp

大極殿正殿は、政治・儀式の場となっていた建物。この大極殿正殿が文化庁により復原整備され、1300年祭の開催に合わせ、一般に公開される。建物内部が見学でき、当時天皇が座った玉座「高御座」の実物大模型なども展示される。解説ボランティアによる案内があり、前庭では天平衣装を着て記念写真を撮ることもできます。(入場無料)

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%8F%E3%82%93%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB.bmp

せんとくんの公式HPよりオリジナルツールやブログパーツをダウンロードしよう!!  

http://www.1300.jp/sentokun_os/download/index.html

narajia.jpg


NARASIA―日本と東アジアの潮流 これナラ本
日本と東アジアの未来を考える委員会【監修】 松岡 正剛【編集構成】
【出版】丸善

平城遷都1300年記念出版。
この一冊で、日本・奈良・東アジアが見えてくる。

奈良はシルクロードの終着点であり、日本に豊かな大陸の文化をもたらした土地。奈良の歴史はシルクロードの歴史であり、日本と東アジアの歴史でもあった。『NARASIA』(NARA+ASIA)というタイトルは、唐風文化の影響を受け日本独自の文化を作り上げ、1300年にわたる歴史の厚みが感じられるタイトル。現代においても日本と東アジアは切り離すことができない。本書では過去と未来、日本とアジアを重ね合わせることで、六カ国協議や環境問題などの政治的課題から映画・音楽などの文化まで最新の話題や問題点を浮き彫りにしている。アジアと日本の関わりを考えるときには必読の1冊だ。

NARASIAのレビューを見る