2019/07/20 01:48

国際結婚インタビュー

国際人
若林 衛さん  日本人男性
若林 リューボフェさん ロシア人女性
近年、国際結婚はますます増加しています。厚生労働省の人口動態統計によると、2003年の国際結婚は36,030件で婚姻数全体の約4.8%にもなります。つまり、20組のうち1組は国際結婚です。
もはや他人事ではありません。


もしかしたら、あなたも国際結婚するかも!?
国際結婚の理想と現実とは!?

日本人男性とロシア人女性の場合

Q:どこで出会いましたか?
A:2006年の2月に国際交流のウェブサイトで初めて出会いました。それから1年間メールやチャットだけで話をしていました。そして初めて実際に会ったのは出会ってから1年後、一緒にキプロス島旅行に行った時です。


Q::初めて会って話したときの印象は?
A:実際に会うまでに色々話していたのでお互い驚くことは殆どなく、逆に何も話さないでいても違和感を感じることはなかったです。


Q:結婚のきっかけは?
A:二人がずっと一緒にいたいと思ったので結婚しました。国際結婚のきっかけも、そうでない結婚の場合も私達は同じだと思っています。


Q:それぞれの両親の反応はどうでしたか?
A:一般的な交際の仕方ではなかったため周りの人達は心配していました。当然、国際結婚は難しいと言われましたが、私達は後悔をしないために結婚しました。

Q:国際結婚をしてよかったと思うことは?
A:国際結婚をしてよかったことは、生まれ育った国は違いますが共通の趣味を持っていたことです。出会う前からお互いヒンドゥー教と仏教が好きだったため、話していて話題に困ることはあまりありませんでした。一緒に住んでからは毎日瞑想などをし、またこれからヨガも始めたいと思っています。一緒に何かをすることが私達にとっての最大の楽しみだと思います。


Q:だんな様に対して一言お願いします。
A:これからもお互いの考えを理解し合いしましょう。協力し合えば私達の力は倍になりますね。そして様々な困難を乗り越えていきましょう。


Q:奥様に対して一言お願いします。
A:長い間待ってくれて有難う。そしてこれからも宜しくお願いします。

どうもありがとうございました。いつまでもお幸せに!!