2019/02/20 15:07

恋愛上手はコミュニケーション上手

国際人
まず、何を持って恋愛上手というかですが、とてもシンプルに言いますと、心を惹かれた相手にその気持ちを伝えること、そして、相手のことをもっと知ろうとすること、相手のために役立とうすること、相手の優しさを大切にすること、これができれば十分恋愛上手と言えるのではないでしょうか。

これは、実は全ての人々のコミュニケーションにも通用するもので、もちろん、外国の人々とのお付き合いにおいても例外ではありません。

中でも最も大切なのが、気持ちを伝えること、つまり気持ちのコミュニケーションだと私は思います。それは、言葉による或いは行動による気持ちの伝達になりますが、これができて初めて、真の友達や真の恋人になれると言えましょう。

残念ながら、この気持ちのコミュニケーションはまた多くの日本人が苦手とするとこでもあるようです。好きな気持ちだけでなく、友達や周りの人々に優しい気持ちを上手に伝えられないでいるように見受けられます。

その一つとして、最近、電車の中で年配の方に席を譲る人が少なくなってきたことが挙げられるでしょう。中国や韓国ではそれは当たり前のことで、もし、譲らない若者がいれば車掌さんや周りの人が「譲りましょう」と背中を押すのです。

「相手を年配扱いして失礼ではないだろうか」、「相手がすぐ降りる人だったらどうしよう」……といろいろ考えるようですが、譲らなかったら、相手がとてもつらい思いをしている可能性も考えられます。ならば、まずは一歩踏み出して勧めてみるべきではないでしょうか。躊躇して止めてしまうのは、優しさを怠っていることだと私は考えます。恋愛上手な人はきっとまずは自分の気持ちを伝えようとアクションを起すはずです。

「韓国人は熱い」、「中国には熱気がある」という話を良く耳にしますが、「熱さ」というものはストレートじゃないと伝わり難い。くねくね回っていたら冷めてしまうのです。
もちろん、配慮を欠いた直球はひんしゅく物ですが、相手を思いやるストレートな優しさは気持ちのいい物です。それを失礼だと思う人がいるならは、それはその人の心の貧しさだと言うしかありません。

 自分の気持ちを素直に表現して真の友達になれるコミュニケーションを心掛けましょう。

%E5%BC%B5%E6%99%AF%E5%AD%90.JPG


張景子さんプロフィール・・北京外国語大学 日本語・日本文学学科卒業・
元中国国際放送局(北京放送)アナウンサー 
東京大学 大学院修士学位取得・博士課程修了
JCKフレンズ(日中韓関連事業)代表  立教大学 兼任講師
日中・日韓・日中韓3国の政府間交渉・民間交渉の遂次・同時通訳
NHKの中国語翻訳・ナレーション業務
東アジア評論家として「TVタックル」「太田総理」等の番組に出演