2019/10/21 13:40

幸せになる『国際結婚』の進め6

国際人

 

 

幸せになる『国際結婚』の進め。

他人事ではない!! 

全国で20組に1組。東京・大阪では10組に1組が国際結婚の時代

―多文化家庭支援センターから- No6

多文化家庭支援センターサマーキャンプの報告


例年夏に行われているMCF(MULTICULTURAL FAMILY SUPPORT CENTER:多文化家庭支援センター)サマーキャンプは、昨年に引き続き、今年も茅ヶ崎のキャンプ場で、8月13日から二泊三日のスケジュールで行われました。
二日目のバーベキュー大会を目指しての一日参加の人たちも合わせると、120名を超える参加となりました。

朝は海岸で体操の後に、ゴミ拾いのボランティア。
お母さんたちが作る食事を楽しみながら、海水浴や釣り大会も行いました。
もちろん、海ではスイカ割りやビーチバレーで大盛り上がり。
夜は夕涼みをかねての海岸での花火大会。バーベキューで活躍したのはお父さんたちでした。

 

外国人は増えてきているとはいえ、多文化家庭の人たちにとって日常の生活空間の中に話の合う人を見つけたり、同じ年頃の遊び仲間を見つけことは簡単ではありません。まだまだ、子供たちは、自分が安心できる空間を大きくはもっていません。そんな中で、彼らが一年に一度楽しみにしているこのイベントは、自分の外見に触れられることもなく、変な日本語しか使えない親のことを笑われる心配もない仲間たちとのわくわくする時間なのです。

今年は、ボランティアグループの参加によって、子供たちの遊びの時間も充実しました。その分、お父さんやお母さんには、いつも仕事が忙しくてなかなか参加できなかった「多文化家庭支援セミナー」にも参加する機会を作ることができました。
キャンプ場の近くのコミュニテイーセンターで行ったダイジェスト版セミナーで、日頃なかなか解決の糸口を見つけることのできないでいた、家庭内のコミュニケーションの問題や、文化の違い、子供の教育などについて、たくさんのヒントやアドバイスを受けることができたと、参加者からの多くの喜びの声をいただきました。

大人も子供も、たくさんの元気をもらって、また来年の再会を誓って終わった2010,MCFサマーキャンプでした。
 


905_life_03.jpg


特定非営利活動法人 多文化家庭支援センター
王禅寺事務所:川崎市麻生区王禅寺西8−12−30


お問い合わせ whitehouse@y3.dion.ne.jp (事務局長 エインズワース 千明
ホームページ http://mcfsc.page.tl/


%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B.jpg


1:幸せになる「国際結婚」のすすめ
2:本当に幸せな結婚とは?
3:アメリカでの子育て 出産
4:アメリカでの子育て 育児
国際結婚 国際人 総集編

家族の思想

儒教的死生観の果実

家族の思想のレビューを見る

加地伸行著《立命館大学教授》

血と生命の連続を核とする儒教的死生観こそ日本人の原感覚である、
という立場から、現代の家族をめぐる諸問題を明快に解きほぐす。
『儒教とは何か』『儒教沈黙の宗教』などの著書があり、独自の儒教研究で名高い著者が、祖先からの血の連続・生命の連続に最大の価値をおく儒教的死生観こそが、日本人の家族の思想の根本であり、日本人の拠り所とすべき精神であると論ずる。