2019/07/16 04:04

トムヤムクンが絶品のタイ料理「クンメー」

みんなの生活
タイ料理と聞いて真っ先に思いつくのは、やはり世界三大スープの一つといわれる「トムヤムクン」。一時期、アジアンテイストのインテリアやタイ料理などのアジア料理がブームの頃は私もよく食べていたっけ。それから早○年。本当に美味しいお店だけが専門店として今も愛されて続けている印象ですが、久々に食べたタイ料理「クンメー」の「トムヤムクン」は絶品でした。
インタビュアー:

田崎 日加理

(たさき ひかりさん)


テレビ局勤務を経て、フリーアナウンサーとして活動しながら食を追及すべくフードアナリストとなる。
マスメディアを介して食に関する世界を広げていこうと奮闘中。TVKテレビ神奈川『コンシュルジュ神奈川』にてMCをつとめるなどテレビ・ラジオでも活躍中


今までのインタビュー記事 

ごはんミュージアムにようこそ!!
美の延辺料理はいかが?
留学生にも人気のお店 『唐とん』
PUB「HUB」を楽しもう
「ゴルコン」の次は「ビリコン」
フードアナリスト北京リポート 
大久保 唐とん  
銀座 吉宗
六本木 つるとんたん 田崎日加里さん プロフィール
%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A4%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%B3.JPG

秘密は小ぶりのスープ鍋からボンボンと顔を突き出している大きくて甘い立派なエビ。日本で「海老」というと、漢字で分かるように海に住むものをよく食べますが、本来「トムヤムクン」に使われるエビは、川エビ。特に「クンメー」で使われるエビは、綺麗な水が勢いよく流れている大きな川で育ち、臭みがなく煮ても身は柔らか。しかもその味は濃厚で味噌がたっぷり入っているタイでも一番美味しいと評判のものなのだそうです。そんな極上エビ丸ごとの旨みが溶け出したスープは、辛さより旨みを先に感じるほど甘く濃厚で一滴も残したくないほど。美味しそうでしょ。

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG
プーパッポンカリー(渡り蟹のカレー炒め)

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%82%82%E8%A6%AA%E5%88%87%E3%81%AA%E5%AF%BE%E4%BA%BA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC.JPG
とても親切な対人オーナー
 
その他、「プーパッポンカリー(渡り蟹のカレー炒め)」や、かりっと焼いたトーストにとろりとしたエビのすり身が乗った「カノームバンナークン」もビールにぴったりでおススメですが、定番の「鶏肉のバジル炒め」は、まさにお店の名前「クンメー(お母さん・家庭料理)」にふさわしく人気の一品。日々の食卓や親戚が大勢集まる日もみんなの大好物として食べられるまさに故郷の味で、タイの醤油がきいていて日本人にも懐かしい味付けでした。ちなみにこの「鶏肉のバジル炒め」はランチでもドリンク、スープ、サラダがついて800円!で食べられるので、まずはランチで訪ねてみてはいかが?

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E5%90%89%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93.JPG
初めまして。今回より世界の料理コーナーの取材アシスタントを務めます横浜国大2年の吉田知可です。プロアナウンサーの田崎さんとご一緒出来て光栄です。これからいっしょにいろいろな国のレストランを紹介していきます。よろしくお願いします。次回は、私の大好きな国インドのレストランです。お楽しみに。


タイレストラン クンメー本店
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-10-7
大森ビル1F 〒 169-0073 東京都新宿区百人町 1-10-11 SK ビル 1F
TEL: 03-3368-1166 TEL: 03-3227-9588
■OPEN11:30~CLOSE24:00
■L.O 23:00
■ランチタイム 11:30~15:00
(日、祝日もランチ営業してます) 
■無休
クンメー公式HP/
タイ料理と聞いて真っ先に思いつくのは、やはり世界三大スープの一つといわれる「トムヤムクン」。一時期、アジアンテイストのインテリアやタイ料理などのアジア料理がブームの頃は私もよく食べていたっけ。それから早○年。本当に美味しいお店だけが専門店として今も愛されて続けている印象ですが、久々に食べたタイ料理「クンメー」の「トムヤムクン」は絶品でした。
インタビュアー:

田崎 日加理

(たさき ひかりさん)


テレビ局勤務を経て、フリーアナウンサーとして活動しながら食を追及すべくフードアナリストとなる。
マスメディアを介して食に関する世界を広げていこうと奮闘中。TVKテレビ神奈川『コンシュルジュ神奈川』にてMCをつとめるなどテレビ・ラジオでも活躍中


今までのインタビュー記事 

ごはんミュージアムにようこそ!!
美の延辺料理はいかが?
留学生にも人気のお店 『唐とん』
PUB「HUB」を楽しもう
「ゴルコン」の次は「ビリコン」
フードアナリスト北京リポート 
大久保 唐とん  
銀座 吉宗
六本木 つるとんたん 田崎日加里さん プロフィール
%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%83%88%E3%83%A0%E3%83%A4%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%B3.JPG

秘密は小ぶりのスープ鍋からボンボンと顔を突き出している大きくて甘い立派なエビ。日本で「海老」というと、漢字で分かるように海に住むものをよく食べますが、本来「トムヤムクン」に使われるエビは、川エビ。特に「クンメー」で使われるエビは、綺麗な水が勢いよく流れている大きな川で育ち、臭みがなく煮ても身は柔らか。しかもその味は濃厚で味噌がたっぷり入っているタイでも一番美味しいと評判のものなのだそうです。そんな極上エビ丸ごとの旨みが溶け出したスープは、辛さより旨みを先に感じるほど甘く濃厚で一滴も残したくないほど。美味しそうでしょ。

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC.JPG
プーパッポンカリー(渡り蟹のカレー炒め)

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E3%81%A8%E3%81%A6%E3%82%82%E8%A6%AA%E5%88%87%E3%81%AA%E5%AF%BE%E4%BA%BA%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC.JPG
とても親切な対人オーナー
 
その他、「プーパッポンカリー(渡り蟹のカレー炒め)」や、かりっと焼いたトーストにとろりとしたエビのすり身が乗った「カノームバンナークン」もビールにぴったりでおススメですが、定番の「鶏肉のバジル炒め」は、まさにお店の名前「クンメー(お母さん・家庭料理)」にふさわしく人気の一品。日々の食卓や親戚が大勢集まる日もみんなの大好物として食べられるまさに故郷の味で、タイの醤油がきいていて日本人にも懐かしい味付けでした。ちなみにこの「鶏肉のバジル炒め」はランチでもドリンク、スープ、サラダがついて800円!で食べられるので、まずはランチで訪ねてみてはいかが?

%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%20%EF%BD%9E%20%E5%90%89%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93.JPG
初めまして。今回より世界の料理コーナーの取材アシスタントを務めます横浜国大2年の吉田知可です。プロアナウンサーの田崎さんとご一緒出来て光栄です。これからいっしょにいろいろな国のレストランを紹介していきます。よろしくお願いします。次回は、私の大好きな国インドのレストランです。お楽しみに。


タイレストラン クンメー本店
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-10-7
大森ビル1F 〒 169-0073 東京都新宿区百人町 1-10-11 SK ビル 1F
TEL: 03-3368-1166 TEL: 03-3227-9588
■OPEN11:30~CLOSE24:00
■L.O 23:00
■ランチタイム 11:30~15:00
(日、祝日もランチ営業してます) 
■無休
クンメー公式HP/