2019/04/19 04:08

誰もがきちんとした場所で暮らせる世界

みんなの生活
ハビタット・フォー・ヒューマニティは、世界中のいたるところ、様々な背景をもつ人々とパートナーとなり、住居の建築や修繕を行って、支援を必要とする人のいる地域社会の発展に努めます。そうすることにより、その地域が発展し、人々はきちんとした家をもち、そこで全ての人が人類愛を感じ、いい人生を歩み、成長することができるのです。
みんなの協力によって
完成!
女性も積極的に参加しています
様々な国々の人たちと
協力
泥まみれだけど楽しい
もうすぐ完成だ!
活動方針(Mission Methods)

ハビタット・フォー・ヒューマニティは地域の指導者や資源を有効に使い、全てのひとにきちんとした家を安価で提供できるようにします。一般的には、ボランティアとホームパートナーがハビタット・フォー・ヒューマニティのアフィリエート(支部)を通じて一緒に働き、家を建築または修繕します。ホームオーナーからの住居建築の返済金は、無利子ローンで、ハビタットは利益を得ることはしません。人々の要望にこたえることを優先しているのです。家族が家を持ってずっと安心でいられること、つまり家のオーナーになること、これがこの活動の結果となってほしいのです。


支援方法


自立支援とコミュニティ作りの大発明。「セーブ&ビルド」

「セーブ&ビルド(貯金&建築)」は、みんなで貯金して、早くリーズナブルに家が建てられるプログラムです。これは、単なる借金の返済ではなく、助けを必要とする人々の間でお金が循環して、状況を改善していく画期的なシステムです。現在、世界では、ハビタット・フォー・ヒューマニティの活動を通して、24分に1軒の割合で住宅建設が行われています。

みんなで貯めて、イッキに建てる。

たとえば12家族。集まって1軒分の貯金をします。貯まったら、ハビタットが2軒分を足し、3軒の住宅を同時に建てます。さらにもう一軒分貯金できたら、ハビタットがまた2軒足して、合計6軒建ちます。この「セーブ&ビルド(貯金&建築)」を繰り返すこと4回、平均2年で、全12世帯の住宅が完成します。その後、先にハビタットが足した8軒分を、同じペースで貯金し、返済していきます。同時に建てるから、コストがおさえられます。※世帯数や返済内容は各国の状況により変わります。

返済を続けて、ほかの人にもチャンスを。

12家族の住宅が完成したあとのローン返済は、回転資金として、また別の12家族の家の建築にあてられています。つまり、最初の12家族は、自分たちの住宅建築コストを返済し続けるという自立の営みの中で、同時に次にチャンスを待つ家族に家を建ててあげる側に回っているのです。自力で自分たちのコミュニティを再建し、さらに他の人を支援できる、その「誇り」が「はりあい」となって、「お金を返すこと」自体がポジティブで生産的なエネルギーに転換され、自立していくことができるのです。


新しいホームパートナーからの返済金は、さらに家を建築、修繕するためのその地域の基金となります。そうすることによってホームパートナーは自分の家を受け取ると同時に、返済金によって他の家族にも家を得るチャンスを与えることになります。

このような活動に協賛していただける方々を募っております。
ボランティア活動を通じて様々なありがとうをもらおう!

特定非営利活動法人
ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

住所:〒164-0003 東京都中野区東中野1-45-5 日ノ出ビルB101
電話:03-5330-5571 FAX:03-5330-5572


詳しくはHP参照http://www.habitatjp.org/


ハビタット・フォー・ヒューマニティは、世界中のいたるところ、様々な背景をもつ人々とパートナーとなり、住居の建築や修繕を行って、支援を必要とする人のいる地域社会の発展に努めます。そうすることにより、その地域が発展し、人々はきちんとした家をもち、そこで全ての人が人類愛を感じ、いい人生を歩み、成長することができるのです。
みんなの協力によって
完成!
女性も積極的に参加しています
様々な国々の人たちと
協力
泥まみれだけど楽しい
もうすぐ完成だ!
活動方針(Mission Methods)

ハビタット・フォー・ヒューマニティは地域の指導者や資源を有効に使い、全てのひとにきちんとした家を安価で提供できるようにします。一般的には、ボランティアとホームパートナーがハビタット・フォー・ヒューマニティのアフィリエート(支部)を通じて一緒に働き、家を建築または修繕します。ホームオーナーからの住居建築の返済金は、無利子ローンで、ハビタットは利益を得ることはしません。人々の要望にこたえることを優先しているのです。家族が家を持ってずっと安心でいられること、つまり家のオーナーになること、これがこの活動の結果となってほしいのです。


支援方法


自立支援とコミュニティ作りの大発明。「セーブ&ビルド」

「セーブ&ビルド(貯金&建築)」は、みんなで貯金して、早くリーズナブルに家が建てられるプログラムです。これは、単なる借金の返済ではなく、助けを必要とする人々の間でお金が循環して、状況を改善していく画期的なシステムです。現在、世界では、ハビタット・フォー・ヒューマニティの活動を通して、24分に1軒の割合で住宅建設が行われています。

みんなで貯めて、イッキに建てる。

たとえば12家族。集まって1軒分の貯金をします。貯まったら、ハビタットが2軒分を足し、3軒の住宅を同時に建てます。さらにもう一軒分貯金できたら、ハビタットがまた2軒足して、合計6軒建ちます。この「セーブ&ビルド(貯金&建築)」を繰り返すこと4回、平均2年で、全12世帯の住宅が完成します。その後、先にハビタットが足した8軒分を、同じペースで貯金し、返済していきます。同時に建てるから、コストがおさえられます。※世帯数や返済内容は各国の状況により変わります。

返済を続けて、ほかの人にもチャンスを。

12家族の住宅が完成したあとのローン返済は、回転資金として、また別の12家族の家の建築にあてられています。つまり、最初の12家族は、自分たちの住宅建築コストを返済し続けるという自立の営みの中で、同時に次にチャンスを待つ家族に家を建ててあげる側に回っているのです。自力で自分たちのコミュニティを再建し、さらに他の人を支援できる、その「誇り」が「はりあい」となって、「お金を返すこと」自体がポジティブで生産的なエネルギーに転換され、自立していくことができるのです。


新しいホームパートナーからの返済金は、さらに家を建築、修繕するためのその地域の基金となります。そうすることによってホームパートナーは自分の家を受け取ると同時に、返済金によって他の家族にも家を得るチャンスを与えることになります。

このような活動に協賛していただける方々を募っております。
ボランティア活動を通じて様々なありがとうをもらおう!

特定非営利活動法人
ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

住所:〒164-0003 東京都中野区東中野1-45-5 日ノ出ビルB101
電話:03-5330-5571 FAX:03-5330-5572


詳しくはHP参照http://www.habitatjp.org/