2019/02/19 06:07

世界をつなぐ国際結婚  

国際人

 

幸せになる『国際結婚』のすすめ

他人ごとではない!!全国で20組に1組。

東京、大阪では、10組に1組が国際結婚の時代

―多文化家庭支援センターからー NO.8

世界をつなぐ国際結婚  

3月11日、宮城県沖を震源とした未曾有の災害が東日本を襲いました。
私の故郷も三陸海岸にあり、兄弟や親戚が住んでいます。毎日悲惨な映像と共に、信じられないような地震の爪痕や大津波の被害の概要が伝えられました。しかし一日経っても二日経っても身内が無事な知らせが入るどころか、電話もメールも不通となって、地域と何の連絡もとれないまま、時間だけがたっていきました。おまけに原子力発電所の事故、それに続く、今回の地震に伴い誘発されそうな東海地域の大地震の予感。日本列島が不安の渦の中に沈んでいくかのような体験をしたのは私だけではないでしょう。

そんな中、アメリカの義理の姉から様子を伺う国際電話が入りました。それに続いて、次々と他の義姉達からもメールが入り、無事を祈る切実なメッセージがたくさん届けられました。私と夫の国際結婚によって家族となった人たちが海の向こうで、自分の家族となった人と関係する人たちを親身になって心配し、日本へ祈りを送り続けてくれている事を本当にありがたく感じました。

今回の災害は実に多くの外国の人たちの関心を集め、多くの祈りが海を越えて、沈み行く日本列島を引き上げてくれたように感じます。この背後には勿論これまで日本が行って来た海外への様々な支援があっての事ですが、その一端に国際結婚をする人が増えて、日本人を家族の一人と考える世界の人たちが増えている事も大きな要因となっているのではないでしょうか。
国際結婚をするということは、結婚をしたその当時者たちだけではなくて、それを囲むより多くの人たちを巻き込んで、世界の平和を実現していくひとつのプロセスである事を実感した出来事でした。

 特定非営利活動法人 多文化家庭支援センター
王禅寺事務所:川崎市麻生区王禅寺西8−12−30


お問い合わせ whitehouse@y3.dion.ne.jp (事務局長 エインズワース 千明)
ホームページ http://mcfsc.page.tl/


%E6%9C%AC%E3%81%AE%E7%B4%B9%E4%BB%8B.jpg


1:幸せになる「国際結婚」のすすめ
2:本当に幸せな結婚とは?
3:アメリカでの子育て 出産
4:アメリカでの子育て 育児
5:「こうであるべき自分」からの飛躍
6: 多文化家庭支援センターサマーキャンプの報告
国際結婚 国際人 総集編

家族の思想

儒教的死生観の果実