ネパールの留学生もインターン修了後、正社員として活躍中!!

  • 2017年3月 6日(月) 21:34 JST
国際人

昨年、JPM留学生インターンシップを終えた、ネパールの留学生ワイバ・スニタさんも、この4月より、㈱イチイの外国人サポートセンターで正社員として働いている。

ネパールでは、日本留学がブームになってきており、彼女も親戚を頼って、日本にやってきた。
ネパールでは、小学校から英語で授業を受けている学生も多く、英語が出来ることがネパールの留学生の日本での就職活動の強みになっている。

彼女は、専門学校でWEB技術を学び、IT関連会社に就職希望だった。
しかし、学校で行われたインターンシップ説明会で、同胞のネパール人や言葉の問題で困っている外国人の手助けになるのではと、不動産業界に関心を持った。


㈱イチイでは、外国人が必要な住まいのルールなどをまとめた手引き書などの翻訳をインターン中に行った。英語の資料はすでにあったが、やはり母国語のネパール語で、翻訳があるとより理解がしやすく、多くのネパール人の目にとまる。

ネパール国内では、高等教育を受けてもそれににあった、就職機会がまだ限られている。
そのこともあり、イギリス、アメリカ、中東などで、仕事を探す人も多いが、
安全安心な日本社会での生活に憧れ、日本留学を検討する人がどんどん増加している。

スニタさんも、今では、英語、ネパール語、日本語を駆使して業務に当たっているが、来日当初は、生活面では、日本に長く暮らす親戚や友人に助けてもらったことが多い。

そんな経験もあるので、日本語に不安のある外国人のための外国人サポートセンターの仕事にはとても誇りをもっているという。

2020年までに日本政府は留学生の数を今のほぼ、2倍の30万人にする目標を掲げている。今後益々、日本語に慣れない外国人の住まいの問題を解決する『外国人サポートセンター』は大きな役割を担うことになるだろう。スニタさんの今後の活躍も期待される。

スニタさんの就職のきっかけとなった、インターンシップの応募はこちらからhttp://www.yokosojapan.net/article.php/editor_r1001_ja
 



 
Read this story in onother languages!
  • ネパールの留学生もインターン修了後、正社員として活躍中!!
  • 0 コメント
  • アカウントの登録

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓