インド不可触民を救う日本人仏教指導者_佐々井秀嶺

  • 2018年November12日(Mon) 01:59 JST
国際人

インド不可触民を救う日本人仏教指導者_佐々井秀嶺

 

 

求道者 佐々井秀嶺氏著

インド仏教一億人の指導者として、世界に名をとどろかせる日本人僧侶・佐々井秀嶺。カースト制度による根深い差別がある地で、最下層の不可触民たちを仏教徒に改宗させ、その人間を解放させ続けた四七年の歴史。権謀術数渦巻くインドの社会の深奥に分け入り、愛され、信頼され、そして裏切られ、それでも救済と求道の信念を曲げることはない。インド人を最も愛し、そして最も憎んだ男―運命に召喚された男の偽らざる肉声。

佐々井/秀嶺
1935年、岡山県生まれ。インド仏教指導者。1988年インド国籍取得。ラジウ・ガンデイー(当時の首相)からインド名、アーリア・ナーガールジュナナ(Arya Nagarjuna Shurei Sasai)を授与される。1960年、高尾山薬王院(真言宗智山派)にて得度。タイに留学し具足戒を受け、1967年渡印。1968年、カースト差別に苦しむ人々を救う人権運動でもある、インド仏教復興運動に身を投じる。2003年にインド政府少数者委員会(マイノリティコミッション)仏教代表に就任

Read this story in onother languages!

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓