不動産業界で活躍するインターンシップ体験者

  • 2017年3月 6日(月) 15:31 JST
国際人

不動産業界で活躍するインターンシップ体験者

李玲玉さん(2014年 JPM留学生インターンシップを体験  2016年3月 国士舘大学卒業)

『留学生インターンシップを体験した学生さんを紹介してほしい』と、 最近、企業さんよりそのような要望を聞くことが増えた。

2014年に留学生インターンシップを終えた、李玲玉さんは、そのインターンシップの経験を買われ、アルバイトを経て、今では、イチイの外国人サポートセンターで4月より新入社員として働いている。

李玲玉さんは、3年生の時に不動産事業の可能性に気づき、インターンシップに挑戦した。
元々日本語の能力も高く、素直で、積極的な性格で、インターン受け入れ先の不動産会社の環境にも対応し、会社でもとても大事にしてもらったようだ。

その不動産会社でも、彼女の活躍は評判となり、初めての外国人留学生の受入れとういこともあって、インターン生として社内報に紹介されるほどだった。
数年前は、不動産の業界では、活躍する外国人はまだまだ少数で、一般的な不動産会社では、そんな状況だった。

彼女は、インターンシップ修了後、4年生になって、就職活動を本格的に始めたところ、留学生インターンシップの経験者を採用したいと希望していた㈱イチイで、採用が決まった。

新設された、不動産に関する外国人のサポートする、『外国人サポートセンター』は、部屋探しをする外国人だけではなく、受け入れに慣れていない不動産会社のサポートもする。

同僚のネパール人留学生のスニタさんと共に、外国人が住みやすい日本社会を作っていく気概で、日々の業務ついているようだ。

昨日は、25名の留学生が、JPM 留学生インターンシップを修了したが、企業のニーズは、ますます上増えている。

2020年までに、外国人観光客を倍の4000万にという国の目標もあり、
民泊関連の法整備も、積極的に受け入れる方向で進んでいる。

不動産業界での留学生の活躍の場は、今後ますます、確実に増えていくであろう!!

留学生の皆さん、ぜひこの夏は、
JPM 留学生インターンシップに挑戦してみよう!

詳しい情報は、こちらから。

http://www.yokosojapan.net/article.php/editor_r1001_ja



 
Read this story in onother languages!

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。


BANNER

Google検索窓